不妊で悩む人は亜鉛が多いお肉を食べなさい!

近年の不妊症はなぜ増えてる?

最近なぜこんなにも不妊症で悩む女性が増えてきたのでしょうか?

 

環境ホルモンやストレス、生活習慣の変化など色々な要因があるかもしれません。
その中でも一番重要といえるのが女性の隠れ栄養不足なのです。
ちょっとだけ栄養を見直すことで不妊症が改善できるなら、実践してみたい方も多いのではないでしょうか。

 

 

現代人の女性に不妊症が多いのは栄養不足です。
なぜなら今の女性は痩せることを第一に考え、将来の妊娠のことよりもファッション性のほうを考えがちだからです。
若い方の中には極端にカロリーを制限し、野菜サラダだけという生活を続けている人もいます。
そんな食生活で不足するのがたんぱく質や亜鉛なのです。

 

 

特に亜鉛は女性ホルモンの合成に必要で、DNAのコピーにも関わるため不足すれば不完全な卵子が出来上がってしまいます。
生理がきていても受精能力が無い人、受精しても流産してしまう人なども多くなっています。
卵子の質を上げるためにも亜鉛の摂取量を考えてみましょう。

 

 

その亜鉛を多く含むのがお肉というわけです。ダイエット中の女性はお肉は脂肪が多くカロリーが多いからと避けているのではないでしょうか。肉食系女子のほうが断然妊娠する確立は高くなっているのです。

 

妊活に必要な亜鉛

亜鉛は様々な妊娠対策に繋がります。
亜鉛が多いのは魚介類、お肉類、チーズ、豆類などですから、積極的にたんぱく質を摂取する人程、妊娠率が高くなる可能性があります。亜鉛は妊娠するための女性の体を整える働きがあるのです。

 

 

亜鉛は女性ホルモンの働きを高めています。
まったく生理がない、きても日数が少ない人や不定期という方は亜鉛不足を疑いましょう。
亜鉛が無ければ女性ホルモンのバランスが悪くなり、排卵のための働きが起こりません。思春期を越えて生理周期が不安定な方は、亜鉛不足によりホルモンが調っていないと思いましょう。

 

 

亜鉛が十分にあると卵子の老化を予防することができます。最近では30代後半や40代になっても出産する女性が増えてきました。
加齢にも負けず妊娠する力を維持するには、卵子の老化を防がなければなりません。亜鉛は体の酸化を防ぐ働きを持っており、活性酸素を減らし卵子自体の質を上げてくれます。

 

 

 

亜鉛が十分に補給できていれば、子どもができたときの細胞分裂を促すことができます。
受精卵はたった1個の細胞が分裂し、赤ちゃんの大きさになるまで成長していきます。亜鉛はたんぱく質、DNA合成に必要となる物質ですから、妊娠を考えている方は体を整え将来のためにも亜鉛を補給するようにしましょう。

 

 

人気亜鉛サプリをチェック 

亜鉛は男女共に摂ったほうが良い

亜鉛を含むお肉は夫婦2人で積極的に食べて欲しい食品です。
亜鉛は別名セックスミネラルという呼び名もあるように、男女の生殖器官と大きな関わりがあります。
精子にも多くの亜鉛がふくまれ、不足すれば精子の数が減ったり運動能力が弱くなるのです。

 

 

亜鉛が不足している男性の精子は、数が不足するだけでなく1個1個の形がいびつで、不完全な細胞が出来上がる可能性があります。そのような精子が受精したとしても、先天性の異常で流産する可能性も出てくるでしょう。もちろん女性の卵子の合成にも亜鉛は必要ですから、夫婦2人で亜鉛の摂取を心掛けることです。

 

 

亜鉛が多く含まれるお肉は、たんぱく質の量も十分あります。精子や卵子の材料となったり、ホルモンの材料にもなりますから、たんぱく質と亜鉛をしっかり補給できる良い食材です。お肉を食べるなら1日に手のひら程度の大きさを食べなければなりません。
日頃麺類が多い人などは炭水化物の量は多くても、たんぱく質や亜鉛の量は不足しがちです。

 

 

男女の不妊症を考えるなら、細胞をつくる成分を考えてみましょう。炭水化物は確かに体のエネルギー源にはなります。しかし体をつくるのはたんぱく質で、それを合成させるのに必要となるのが亜鉛なのです。両方含むお肉は不妊を解消する食材といえます。

 

亜鉛で性欲アップ

亜鉛は性欲アップのためにも利用することができます。
男性が飲むと男性ホルモンのテストステロンが正常値になり、性欲が無い男性でも一般の人程度になります。亜鉛は性ホルモンの分泌と深く関与しているミネラルですから、何らかの原因で男性ホルモンが減り性欲が無くなっている人に効果的です。

 

 

妊娠を希望する方にとっては男性の性欲はとても大切ではないでしょうか。不妊症を改善するためには、子どもを作るために義務的にするのではなく、本人同士の気分が高まることも重要だといわれています。そのために亜鉛が役立ち、夫婦の関係が良くなれば妊娠が叶う可能性があります。

 

 

また、亜鉛の摂取は女性にも良い効果をもたらします。男性ホルモンであるテストステロンは女性でも少量ながら存在しています。亜鉛を摂取してホルモンバランスが調うと、女性自身も性欲が高まる可能性はあるでしょう。

 

 

亜鉛は男女共に無くてはならないミネラルで、ホルモンバランスを整えるため妊活中の男女はどちらも摂取しておくことをおすすめします。
現代人は不足しがちなため、同じ食生活をしている夫婦ならお互いに足りていないことが多いようです。男性の性欲アップだけでなく、子宮や卵巣の機能アップにも役立つため女性も服用しておきましょう。

 

 

亜鉛とマカで効果アップとは? 

 

生理前症候群にも亜鉛

生理前になるとイライラしやすい、気分が落ち込みやすいという方はもしかしたら亜鉛不足かもしれません。
亜鉛はホルモン生成にも関わるため、少なければ生理前のホルモンバランスの乱れに繋がるのです。

 

 

生理前は不調なのが当たり前と思っていませんか?栄養状態が良く健康な女性なら、まったく生理前症候群を感じない人もいるのです。
その原因は様々ですが、1つはミネラルの不足が関与していると考えられています。女性ホルモンを作る材料となるのが亜鉛で、不足すれば赤ちゃんを作るための準備が上手くいかなくなったり、生理不順を訴えることにもなりかねません。

 

 

更に亜鉛はインスリンとも関係し、血糖値の調節にも影響しています。生理前に甘い物が食べたくなって、常にイライラしているのは亜鉛不足の可能性があるでしょう。
血糖値が急激に上がったり下がったりすれば、精神への影響も及ぼします。
甘い物に頼るのではなく、生理前症候群の症状が強いなら亜鉛が多い食品を積極的に摂取しましょう。

 

 

特にダイエットに気を使う女性にこのような症状は多いようです。
亜鉛はお肉や魚に多く野菜ばかりでは補うことはできません。ダイエット食品で済ませてしまう方も意外と不足しています。
単なる生理前症候群と考えるのではなく、将来の不妊症にも繋がるかもしれないのです。

 

関連サイト

http://xn--llqp56n.asia/・・・亜鉛について詳しく書かれたサイト
http://xn--lck7e160hc93d.com/・・・不妊症や精力増強にお悩みの方向けページ